ファイナンシャルプランナー(FP)資格をとるとどうなる

例えば自動車運転免許。高い社会意識と倫理観、自制心を持つ人が自動車を運転するための免許です。FP資格も同じようなことがいえると思います。
さまざまな金融商品(貯蓄はもちろん投資信託などなど)、不動産取引、年金、株式取引、保険商品………生活に密着した商品の知識を身につけ、それを組み合わせ、応用しその知識を社会へ還元する。その知識の一定水準を満たしているかどうかを測るのがファイナンシャルプランナー(FP)資格です。

 

社会人・主婦・学生の方

こんな方に

20歳代のビジネスマンの方

家計のやりくりをしている主婦の方

就活を控えた学生の方

金融機関への就職を狙う学生に

 

こんな役に立ちます

自らの家族や一家の資産運用に

就職、キャリアアップに

金融システムへの理解に

テレビの金融関係のニュースの理解に

家計のやりくりに

社会人の方

こんな方に

金融関係にお勤めの方

経理・総務・財務にお勤めの方

高額商品取り扱い店にお勤めの方

 

こんな役に立ちます

昇進に

顧客サービス向上に

借り入れ、資金繰りの相談に

自己研鑽に

士業の方

こんな方に

公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、中小企業診断士、

投資顧問業、不動産鑑定士、宅地建物取引主任者などの士業の方

 

こんな役に立ちます

W(ダブル)資格で顧客サービスの幅を広げる

資産運用のアドバイスに信頼性UPに

借り入れ、資金繰りの相談に

相続の相談に

資産評価に

 

 

これらのお金に関する仕事に就いているまたは就こうと考えている方で、「お客様のために役に立ちたい」「金融の知識を深めたい」という強い意志があれば、良いことはあっても悪いことは決してない、資格がファイナンシャルプランナー(FP)資格であるといえます。

*注 資格の級により一定の受検資格を満たしている必要があります。