CFP®になるには

CFPになるために必要な基礎知識をまとめました。このページを理解すればCFPになるためのステップがわかると思います。

ファイナンシャル・プランニング技能士になるにはAFPになるにはCFPになるには

CFPとは

CFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®=CFP®認定者) は、AFPの上級資格であり高いFP技能と職業倫理を求められる資格です。

 

CFPの資格概要

  1. CFP BOARD(CFP資格認定委員会=CERTIFIED FINANCIAL PLANNER BOARD OF STANDARDS,INC 注:アメリカ合衆国の民間団体です)と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が提携し導入した民間資格の国際ライセンスです。
  2. CFP資格は、FPとして必要かつ十分な知識と経験を持ち、お客様に対し適切なアドバイスと提案書の作成ができ、他のFPの模範となる確固たる職業倫理を身につけているFP技能者に与えられるものです。
  3. CFP®資格は、「4E(教育=Education、試験=Examination、経験=Experience、倫理=Ethics)」と実務 プロセスの指針である「6ステップ」に基づき、世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるプロフェッショナルに与えられます。
  4. CFP®資格は、日本国内では日本FP協会が世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるプロフェッショナルの証明として認定しています。
  5. 会員と認定されると、CFP BOARDとの協定により、CFP®認定者としてCFP BOARDに登録され、米国CFPに準じた業務基準や職業倫理規程、資格更新規程が適用されます。
  6. CFP®認定者は、米国及びFPSB加盟国・地域のCFP®認定者と同等に評価され、日本で認定されたCFP®認定者であることを明示することにより、日本国外においてもCFP®商標を使用し業務を行うことができます。

 

CFPの資格認定まで

  1. CFP®資格審査試験に合格すること。
  2. 試験合格後に実務研修であるCFP®エントリー研修を受講し、修了すること。
  3. 2年ごとの資格更新に際し、協会が定める所定の継続教育単位を取得すること。
  4. 3年間の実務経験を有すること(試験合格前10年、後5年の期間の実務経験を対象)。
  5. 協会が定める倫理規程の遵守に署名をすること。

 

 

CFP®資格審査試験とは

・試験は通常年2回(6月・11月)に実施。
・課目は6課目で各課目の内容は「基礎知識+プランニングテクニック」となります
  1. 金融資産運用設計
  2. 不動産運用設計
  3. ライフプランニング・リタイアメントプランニング
  4. リスクと保険
  5. タックスプランニング
  6. 相続・事業承継設計
  以上6科目全ての合格が必要です。

 

  • 1課目の試験時間は2時間(120分)
  • 2日間で6科目の試験を実施
  • 問題はマルティプルチョイス式(要するに4択式)
  • 1課目ずつの受験が可能(2日で6科目を受けてもいいし、半年1課目で3年かけてもOKということです)
  • 受験料は1課目5,250円(税込)
  • 合格後の登録料
    新規登録料金 5,000円(初年度のみ)
    年間ライセンス料 8,000円
    年会費 12,000円

 

ライセンスの維持・更新のための継続教育とは

ファイナンシャル・プランナーは、お客様のライフプランにもとづき、トータルな資産設計のプランニング・提案を行なうことが基本です。
そのため常に最新の経済・金融事情はもちろん、不動産や税制などの知識をブラッシュアップしてゆく必要があります。
そのためAFP資格、CFP®資格どちらにも2年毎の更新制度が導入されています。2年間にCFP®認定者は30単位の継続教育を受講することが義務付けられています。
2007年4月1日から「資格の維持更新に必要な科目要件」として「FP実務と倫理」が必須化されました。
したがって、「FP実務と倫理」含む最低3課目以上の学習単位が必要となります。

※適用時期・適用対象: 「平成18年(2006年)4月1日以降に新たな継続教育期間を迎える資格認定者」

 

CFP®資格審査試験合格対策

6課目を受検し全て合格という事実に気持ちが萎えてしまいますが、1科目か2科目ずつ効率的な学習で合格は確実に見えてきます。
CFP®資格審査試験対策専用のページを作成していますので、ぜひご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
CFP資格審査試験対策ページへ

ファイナンシャル・プランニング技能士になるにはAFPになるにはCFPになるには